【YouTubeでも配信中】昭和の相続と令和の相続の違い(全国編)をアップしました。

【YouTubeでも配信中】
動画でもボイスマガジン! より分かりやすく、イメージしやすくなっております。
動画は以下の「You Tubeでもボイスマガジン」をクリックしてください。
※ なお、このYouTubeでの試みは試験的なものですので、予告なく中止・変更する場合があります。

You Tubeでもボイスマガジン

※ 上記のYouTubeでの動画は、Internet Explorerでは再生できない場合があります。Google Chromeでは問題なく再生できますので、Google Chromeでの再生をお試しください。また、同じ内容の音声は弊社HP「レガシィ@クラウド」でもお聴きいただけます。

【今回のボイスマガジンの概要】
昭和63年(1988年)の相続を昭和として、平成15年(2003年)の相続を平成として、平成29年(2017年)の相続を令和として、国税庁の統計からいろいろと分析していきたいと思います。
まずは、被相続人1人当たりの相続人数です。
つまり、遺産分割の対象の人数です。
昭和は4.5人、平成は3.0人、令和は2.6人となっています。
ということは、もめる兄弟姉妹の数が少なくなってきているということです。
これは、実務をしていても実感できます。

次に、相続税を支払うことになった被相続人(課税された相続案件)の数を見ていきましょう。
 
 
レガシィ@クラウド

新商品はこちら
 

天野隆の週刊ボイスマガジン

事務所経営から実務・時事ネタ・健康に至るまで、さまざまな情報を天野隆が音声でお届けします。
先生方の今後のヒントに、また顧問先への話題提供にご活用下さい。
ボイスマガジンの視聴には無料会員登録が必要です。

天野隆の週刊ボイスマガジンはこちら