“闘う集団”がお客さまを守り未来を切り開く

2015 5
みらい会計税理士法人  代表社員 税理士
増田正二 先生
東京都豊島区池袋2-23-24 藤西ビル別館2 階

経営者と資産家。税理士の先生の力を特に欲する両者をお守りする。それが“闘う集団”みらい会計税理士法人が掲げるモットーです。お客さまが力強く感じる点はどこなのか。増田先生にお話を聞きました。

最初に、事務所の成り立ちと現在までの変遷を教えてください。

増田先生

大学卒業後、大手不動産会社に就職しましたが、税理士を志して勉強を開始。2科目合格後に会計事務所に転職しました。30歳の時に5科目合格を果たし独立し、世田谷に事務所を設けましたが、ほどなく東京・東久留米を経て、池袋に移転しました。池袋にはもう35年近く事務所を構えています。

7年前に税理士法人化をしました。現在所員数19名、他に新宿事務所があります。

事務所として力を入れている業務は何でしょうか。

増田先生

大きく2つあります。1つは相続です。税理士受験校で相続税の講師をしていた経験を生かし、スタート時代から相続・資産税業務に力を入れていました。また、宅地建物取引主任者の資格も有しており、そうした知識やノウハウを生かしつつ、増税で皆さまの関心が高い相続に力を入れています。

また、法人の皆さまの経営指導も注力している分野です。経営計画の作成指導などはかなり以前から精力的に取り組んでいます。

当法人では自らも実際に経営計画を作成しています。自分たちで実際に行ってみないことには、お客さまにも満足な指導をすることができませんから。

表には「相続無料相談」の看板が掲げられていました。

増田先生

相続のご相談は、予約制ですが随時受け付けています。増税もあり、今、資産家の方を初め多くの方が相続に関してさまざまな悩みをお持ちです。そうし

た方のお力になれればと考えています。

特に“もめないように”という点には気を使っています。税理士ですので税金の面はもちろんですが、それだけではなく、相続人の皆さんがご納得いただ

けるような遺産分割のご提案に気を配っています。そのために、遺言作成のお手伝いなども多く行っています。

こちらの事務所には大きな研修室がありますね。

増田先生

この研修室では実にさまざまな取組を行っています。一つが相続のセミナーです。今、多くの方々が相続に関してさまざまなことを知りたいとお考えです。定期的にお話する場を設けることで、そうした方のお悩みや相続に関するさまざまな知識を知っていただき、ご自身の相続に備えるきっかっけにしていただいています。

また、年間を通して「社長業短期習得講座」というセミナーを行っています。

これは、決算書の読み方、資金調達、そして労務関連や税務調査まで経営全般に渡り、経営者に知っておいてもらいたい経営に役立つセミナーを行っています。通年で周期的に開催しているため、聴きたいテーマを逃してしまっても、再度ご参加いただくことができます。

1回のセミナーでは10名を定員とさせていただいています。これは、お客さま一人ひとりのお顔をよく見えるようにしたいからです。こちらが話をしていますと、分からなかったり、疑問に思われている時はお客さまの表情で分かります。そうした方を丁寧にフォローするには、10名以内のほうが都合が良いのです。セミナー中にはお客さまからの発言もいただきつつ、進めていきます。

せっかくご参加いただくのですから、十分に理解して、その知識を実際に役立てていただくのが何よりだと考えます。

先生には普段からレガシィのCD・DVDやセミナー等、いろいろとご利用いただいています。

増田先生

今でこそ自分で多数のセミナーをこなしていますが、最初は話し方などもよく分からなかったので、天野先生のセミナーもよく聴かせていただきました。

事務所の将来的なビジョンを教えてください。

増田先生

まず一緒に頑張ってくれている社員が、心から満足してくれるような事務所にしたいですね。

また、社員と一丸となり、「闘う集団」としてすべてのお客さまの成功実現に向けて全力でバックアップしたいです。

そしてお客さまの心からわき出た「ありがとう」の言葉をエネルギーに、一生、がんばり続けたいですね。