徹底したお客さま目線で地域に根付いた経営者支援

Ph01
山﨑経理事務所 所長  税理士
山﨑 定利 先生
東京都青梅市東青梅4-8-6

今回は青梅地域で親子三代に渡り、経営者の支援をされてきた「山﨑経理事務所」の山﨑定利先生にお話をうかがってきました。お話から見えてきたのは徹底した「地域密着」と「お客さま目線」でした。

山﨑経理事務所について教えてください。

山﨑先生

この事務所は私の祖父、山﨑定右が昭和26年に設立しました。父、利雄、私、定利と引き継いで、今年で64年目になります。  会計事務所で育ってまいりましたので、昔から心の中ではいつか自分が税理士として事務所を引き継いでいくのだと考えていたように思います。  税理士試験事務所に合格した後、この事務所に入り、以来業務に励んでおります。事務所もずっとこの地に構えておりますので、3代に渡り、青梅の経営者の皆さまをサポートしております。

山﨑経理事務所の基本方針のようなものがあれば教えてください。

山﨑先生

 事務所の方針として、以下の5つを挙げて、重点項目としています。 1. わかりやすく貴社の経営成績を解説します。 2. 正しい決算と営業報告書の作成をお手伝い 3. 業績向上・経営改善のヒントを提供 4.ITに関するアドバイス 5. 経営の進路決定に役立つ情報を提供  青梅は土地柄もあるのか、自社経理の率がそれほど高くありません。そういった方のお手伝いを中心に行っています。お客さまに求められる経理のレベルも要望も多岐にわたりますので、幅広い対応をさせていただいております。  また、長くお手伝いをさせていただいている顧問先が多いため、お気軽にご相談いただき、お客さま目線でどのようなご相談にも乗っていくというスタンスで仕事をしております。  社会保険労務士なども事務所のメンバーにおり、司法書士とも提携しておりますので、資産税や労務も含めて、青梅の経営者の困りごとに対して、ワンストップでサービスを提供しています。砕いて言うと「何でも屋」というところでしょうか。

最近、特に力を入れていることなどあれば教えてください。

山﨑先生

最近は相続の相談件数が増え、力を入れて取り組んでいます。  ただ、実際に話を進めていくと相続対策に積極的になれなくなる経営者も多くいらっしゃいます。  経営者が若く元気な時に提案したほうが、客観的に対策のメリットを検討していただけるような気がします。  また、医療法人の設立、会計、決算、申告、関係官庁への報告などのお手伝いも最近は数多く行っています。

事務所の運営で心掛けているところはございますか?

山﨑先生

 「極力、お客さま目線でいてください」と職員達には徹底してお願いしています。  お客さまの言いなりになるということではありませんが、相談があったとき、そうでなくとも会話の中から、「何を求められているのか」ということをしっかり考え、受け止めて対応していく必要があると考えています。  お客さまの要望を理解して、対応するために勉強していくことで、職員自身の成長につながりますで、しっかりと念頭に置いて、訪問するように伝えています。  私たちは、税務や会計に精通しているのは当然ですが、まず第一に、お客さまへの対応力が求められる仕事であると考えています。

レガシィの教材の利用方法を教えてください。

山﨑先生

 長年にわたり利用させていただいています。  若い頃は、自己啓発的なものや、なかなか理解できない難解税務のものを中心に聴いていました。  最近は、時間がない中でいかに効率的に情報収集できるかという点で重宝しています。特に税制改正関連のものは、年末の繁忙期の最中の限られた時間で要点を確認できるので、非常に助かっています。

今後の山﨑経理事務所の方針、取り組みを教えてください。

山﨑先生

 青梅周辺は、広い土地もあり、社会福祉法人や特別養護老人ホームの数が増加しており、今後もその傾向は続く見込みです。  そのような非営利法人などの会計や経理のお手伝いに力を入れていきたいと考えています。