お客さまと一緒に 成長していく会計事務所

Photo
宮永会計事務所  所長 税理士
宮永 保寿 先生
東京都世田谷区成城1-6-25 セサミハウス成城401

今回、お伺いしたのは東京都世田谷区に事務所を構える宮永会計事務所の宮永先生。一般企業の経理から一念発起して税理士へ。独立して7年の新規開業の方を中心にお客さまを増やし着実に成長されています。

税理士になったきっかけは何だったのでしょうか

宮永先生

税理士を目指していたわけではなかったのですが、たまたま受かったのが商学部会計学科でした。税理士や会計士を目指す人が周りには多い環境ではあったのですが、一般の企業の経理部に就職しました。
就職した後も、不思議と税理士を目指す人が多く、私も触発されて、もう一度真剣に勉強に取り組みたいと思い、税理士に挑戦しました。

勉強はどのように進めていったのですか?

宮永先生

配属された経理部は、定時で退社できることが多かったので、平日の夜に大原簿記学校に通いました。1年に1科目合格を目標にして勉強しました。途中で実務の経験も積みたいと思い、会計事務所に転職しました。ここで実務経験を積みながら資格を取得して税理士になれました。
この会計事務所では9年ぐらいお世話になりまして、独立をしました。

独立後はどのようなご苦労がありましたか?

宮永先生

独立した時は、楽しいと言いますか、自由だなと思いました(笑)。
独立した時の顧問先は4社のみでしたが、交流会やホームページの開設、または新規開業された会社へDMを送るなどして増やしてきました。
顧問先は多くはないものの、少しずつ増やしてこれましたが、大変だったのが、やはり実務的な判断でした。
これまでは聞けば教えてもらえましたが、独立すると自分で判断しないといけないため、「本当にあっているのか」、「知らないうちに改正されていないか」などの不安や心配が常にありました。そのため、レガシィの税務調査研究会では実務の質問ができるので非常に助かっています。回答もほとんどが次の日までにはしてもらえます。
また、金額の決定や交渉といったこともすべて自分でやらなければいけないため、相談もできず、どう判断すればいいのか非常に悩みました。

DMで新規開業したお客さまを増やされているとのことですが、新規開業のお客さまはどのような対応が必要となってくるのでしょうか?

宮永先生

やはりまずはお客さまの事業が軌道に乗るかが心配です。そのためにも、資金繰りや新規借入のサポートなどの支援が必要となってきます。

日々の実務ではどのような点に気を付けていますか?

宮永先生

お客さまにたくさん質問をすることで、お客さまご自身に考えていただく時間をとっていただいてます。
社長と言いましても経営だけをやっているわけではなく、ほとんどの社長が自ら営業していますので、経営といった部分のことを考える時間がなかなか取れないと思います。そのため、私と会っている時間は、コンサルというわけではありませんが、数字の話だけではなく、色々と質問することで、経営のことを考えていただく時間が取れればと思っています。

社長のお悩みはどのようなものが多いですか?

宮永先生

お悩みについては、何かが多いというよりは、会社のステージで異なっていると思います。
創業したころはやはり、資金繰り、つまりお金関係のところで悩みます。これがある程度成長してきますと、今度は人、つまり採用の問題になります。どう採用すればいいか、社員をどうやって成長させるかといった問題です。
このように、事業が軌道に乗ることでいい意味で次から次へと悩みが変わっていくと思っています。そのため、社長の悩みが尽きることはないですね。

日々の実務情報はどのように収集されていますか?

宮永先生

レガシィから届く案内を見て、そこから必要なものを選んで購入し、聴いて情報収集しています。
あとは、税理士会の研修もネットで聞けるようになっているので利用しています。移動中に聴くというよりは時間を確保して、机の前で集中して取り組むほうが向いているので、そのように利用させていただいています。

今後の抱負をお聞かせください。

宮永先生

最終的な目標は色々とまだ考え中です。近い目標としては職員さんを増やしたいとは思っていますが、今は1年1年着実に成長していきたいと考えています。独立して7年で、お客さまも創業したばかりの方が多いので、お客さまの成長をサポートしていければと思っています。その成長が事務所の成長にもつながると思っています。