士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

遺産分割協議書の作成実務 状況別詳細解説と落とし穴 全2巻

竹内行政書士事務所
行政書士 竹内 豊氏
 
「遺産分割協議書」の作成困った時は……
—パターンで見る対応術
 
●相続人が行方不明、未成年者
●被相続人の離婚、再婚
●認知症の相続人
●署名、押印漏れ!
●金融機関からの訂正依頼
●見積の金額では割に合わない……
⇒次々と立ちはだかる個別事情・落とし穴の対処法も解説
 
【内容】
第1巻 作成のための必須知識と進め方
1.民法の知識を確認する
1-1.相続
 (1)相続とは何か
 (2)相続の開始原因
 (3)相続が始まると何が起きるのか
 (4)「だれ」が相続するのか(相続人) 
 (5)「何を」相続するのか(相続財産)
 (6)「どれだけ」相続するのか(相続分)
 (7)相続の選択
1-2.遺産分割
 (1)遺産分割とは何か
 (2)遺産分割自由の原則
 (3)遺産分割協議の当事者
 (4)遺産分割の対象財産
 (5)遺産分割の方法
 (6)遺産分割の時期
 (7)遺産分割の流れ
 (8)遺産分割の方法
 (9)遺産分割協議の成立が困難になるケース
 (10)遺産分割協議を上手にまとめる秘訣
1-3.遺言
 (1)遺言とは何か
 (2)遺言能力
 (3)遺言事項
 (4)遺言の方式
 (5)共同遺言の禁止
 (6)遺言撤回の自由
 (7)遺留分制度
 (8)遺言執行
2-1.遺産分割協議書作成のロードマップ
 (1)面談
 (2)基礎調査
 (3)遺産分割協議書の作成
 (4)銀行の相続手続
 (5)業務完了
 
第2巻 作成の実務と落とし穴
1.落とし穴
 (1)「相続人」の落とし穴
 (2)「書類作成」の落とし穴
 (3)「依頼者の対応」の落とし穴
 (4)「業際」の落とし穴
 (5)「遺産分割後」の落とし穴
 (6)その他
2.対応・対策
 (1)「相続人」の落とし穴
 ①認知症等で精神上の障害により判断能力が衰えた相続人がいた
 ②未成年の相続人がいた
 ③行方不明者の相続人がいた
 ④外国に在住している者
 ⑤印鑑登録していない者
 (2)「書類作成」の落とし穴
 ①遺産分割協議書が持ち回りの最中に紛失した
 ②署名・押印の漏れがあった
 ③金融機関から遺産分割協議書の訂正を求められた
 (3)「依頼者の対応」の落とし穴
 ①相続人調査をしたら、想定外の事実が判明した
 ②依頼者が指示した資料をなかなか提出しない
 ③依頼者から「仕事が遅い」「段取りが悪い」とクレームをつけられた
 ④着手したら見積で提示した費用では見合わない内容だった
 (4)「業際」の落とし穴
 ①相続人同士が揉め出した
 ②相続人の中に一度も会ったことがない者がいた
 (5)「遺産分割後」の落とし穴
 ①相続人を見落としていた
 ②協議成立後に遺言書が出てきた
 ③協議成立後に遺産が出てきた
 ④代償金が支払われない
 ⑤銀行から「普通預金の名義変更には応じない」と言われた
 (6)その他
 ①被相続人が帰化していた
 
★2015年10月発売
 
 
★FP継続教育:相続
 
★収録時間:各巻60分
 

本講師の他の商品