士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

元公証人が教える 公正証書遺言の脆弱性とその対応策 全2巻

講師:遠藤家族信託法律事務所
    弁護士 遠藤 英嗣 氏

公正証書遺言作成支援の際の留意点について、元公証
人として2000件余の公正証書遺言を作成してきた経験
を持ち、現在は家族信託の普及に努めている弁護士の
遠藤先生に解説していただきました。
どうすれば公正証書遺言の脆弱性をカバーし、遺言者
の意思を実現する遺言書が作成できるのか、その有効
な対応策を、是非ご自身の実務でご活用ください。 

●公正証書遺言に、遺言の意思と本人の能力を担保する 
 「本人の作業」 を落とし込む手段とは
●遺言の無効主張に備えた有効な対策とは
●成年後見制度に破られない遺言とは

第1巻
公正証書遺言の堅実性と脆弱性
~判断能力をどう見極めるか~ 

第1章 公正証書遺言の基礎を考える
 第1 「最高裁平成28年12月19日大法廷決定」を考える
 第2 公正証書遺言の堅実性と脆弱性
第2章 確かな公正証書遺言の作成を考える
 第1 公正証書遺言の特徴
 第2 遺言能力・資料の提出要請に対する対応
 第3 遺言内容の留意点 など

第2巻
公正証書遺言の落とし穴
~本人確認・成年後見制度に破られない遺言~

第3章 遺言の陥穽(落とし穴)を考えた対応策
 第1 遺言の無効主張に備えて
 第2 真意でない遺言の作成や撤回
 第3 成年後見人によって破られる遺言
第4章 遺言と相続税対策
 第1 公証人は税を知らない
 第2 司法書士等が知るべき相続税制 など

★2017年2月発売 ★収録時間:各60分