士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

実は意外と知らない 裁判官が求める陳述書・主尋問・反対尋問

講師:丸の内法律事務所 
   弁護士 喜多村 勝徳 氏

裁判官経験を踏まえた「尋問」技術を披露!

元裁判官の喜多村先生に、裁判官時代のご経験、また弁護士として色々な裁判官の
法廷に立ち会った経験をもとに、陳述書・主尋問・反対尋問の効果的ポイントをお
話いただきました。

主尋問では何をすべきか、反対尋問ではどのような尋問がよいか、裁判官の立場に
たって解説します。尋問技術をさらに向上させたい先生にオススメです!

●供述の信用性の判断で最も重要なポイント 
●裁判官が読みたい陳述書
●裁判官が聞きたい主尋問
●このことができれば、反対尋問は成功
●裁判官がたまらないと感じる議論

<主な内容>
・効果的な尋問技術の視点
・陳述書作成上の留意点
・主尋問・反対尋問の目的
・主尋問における尋問技術
・反対尋問における尋問技術
・反対尋問の限界    

★2017年3月発売 ★収録時間:60分