士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

貸倒損失損金算入の分岐点 これで分かる できた事例とできなかった事例 全2巻

【 講師】ゆびすいグループ 代表
    税理士法人ゆびすい 代表社員
    税理士・CFP 澤田 直樹 氏

「貸倒損失」
大手税理士法人の交渉実例

「回収もできず、損失が出ているのに税金まで
かかるのか?!」貸倒損失を計上できないことで、
お怒りになる経営者の方は多くいらっしゃいます。
しかし、なかなか容易には損金算入させてくれない
のが税務署です。
大手税理士法人が、どのように損金算入させたのか
の交渉事例を公開します。

<内容>

第1巻 法人税編
1.貸倒損失の計上要件を定める規定と通達
2.実際に是認・否認された実例で見る
  1)調査履歴
  2)横領
  2-2)横領2
  3)巨額の貸倒損失
  4)回収不能なため、売上計上すら
    していなかった取引について、
    売上計上もれの修正申告
  5)貸付金の貸倒処理
  6)㈱Tに対する債権の貸倒引当金の
    損金算入について(税務署への相談内容)
  7)代表者貸付の免除
  8)元代表者への貸付金について
    貸倒損失が認められた事例

第2巻 所得税編
1.貸倒損失の計上要件を定める規定と通達
2.実際に是認・否認された実例で見る
  1)開業医
  2)不動産オーナー(平成23 年から
    平成26 年)
  3)不動産所得:未収家賃の貸倒損失
  4)不動産貸付事例
  4-2)個人特有の事例
3.個人事業者に対する切り口
4.まとめ

★2017年4月発売 ★収録時間:60分

本講師の他の商品