士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

火の粉を防ぐ 顧問税理士のための粉飾の見抜き方13ポイント

講師:(株)ヴェリタス・アカウンティング 
代表取締役社長・公認会計士 山岡 信一郎 氏

粉飾が疑われる状況に遭遇

まったく知らなかったでは済まない時代へ

近年、企業のモラルが問われる粉飾や不正が数多く
発生しています。
手法も巧みになり、ちょっとやそっとでは見抜けな
いケースもあるようです。
しかし、少なくとも顧問として携わっている先に関
しては、粉飾をまったく知らなかった、ということ
では、なかなか厳しいものがありそうです。

粉飾をズバリ見抜くコツを13 のポイントで解説

金融機関との取引時にも適切な決算書を

<内容>
1.粉飾決算とは
2.粉飾を見抜くためのポイント
 【ポイント1】不正のトライアングルが成立していないか
 【ポイント2】取引理由が不明な取引先はないか
 【ポイント3】決算書を勘定科目別に前期比較をする
 【ポイント4】利益率の推移を確認する
 【ポイント5】売上債権回転期間、棚卸資産回転期間、仕入債務回転期間の推移を確認する
 【ポイント6】アクルーアルを確認する
 【ポイント7】現金残高、銀行預金残高を確認する
 【ポイント8】取引先に残高確認を実施する
 【ポイント9】棚卸資産の実地棚卸が適切に行われているか確認する
 【ポイント10】取得したモノ・サービスの対価が妥当かどうかを確認する
 【ポイント11】主要な資産の評価が妥当かどうかを確認する
 【ポイント12】売上計上日の根拠となる資料を確認する
 【ポイント13】貸付金の目的や返済見込みを確認する

★2017年4月発売 ★収録時間:60分