士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

こうすればできる 一般社団・財団法人で医療機関を開設

【講師】湯沢会計事務所 代表税理士 湯澤 勝信氏

一般社団法人で医療機関を開設する方法

平成20年12月施行の
「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」により
一般社団および一般財団による医療機関の開設ができるようになりました。
しかし、「一般社団法人での医療機関の解説は無理では」と言われるほど、
不明な点が多いのも事実です。

そこで、一般社団法人で医療機関を開設するための実務のポイントを
経験者である湯澤先生にお話しいただきました。

医療法人と比べると開設するメリットは
どのような点にあるのかなどもわかります。

<主な内容>
Ⅰ.一般社団法人による医療機関の開設
 1.第3の開業方法=一般社団法人での開設
 2.個人、医療法人での開設との相違点
Ⅱ.一般社団及び一般財団による診療所開設についての審査のポイント
 1.開設しようとしている法人が非営利型一般社団法人で
   非営利性が徹底した法人であること(資料1・資料2)
 2.目的の定め方
 3.クリニックの開設時は代表理事を医師又は歯科医師にする
Ⅲ.一般社団・一般財団で医療機関を開設することのメリットとデメリット
Ⅳ.一般社団法人から公益法人へ

★2017年6月発売
★収録時間:60分
★FP継続教育:タックス

本講師の他の商品