士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

税賠訴訟事例から分かる 相続税リスクの護身術

【講師】和田倉門法律事務所 弁護士 内田 久美子氏
   

「相続税申告はリスクが……」という先生に

―訴訟からは失敗要因がよく分かる―
賠償のリスクが高いと言われる相続税ですが、
その原因さえ押さえれば、懸念はだいぶ減少します。

<主な内容>

第1 専門家の義務

第2 判例の検討
1.相続税対策
 ・否認可能性の説明
 ・変額保険を用いた相続税対策
2.相続財産の聴取・調査
 ・借入金の把握
 ・土地調査
 ・海外資産の把握
 ・被相続人の提出資料の過不足の有無
3.相続財産の評価
 ・不動産鑑定士の評価を用いる時
 ・否認可能性の説明
 ・路線価ではなく実勢価格を用いる
 ・貸家建付地か否か
4.特例適用の可否
 ・小規模宅地の特例の適用事業用宅地か否か
5.納税猶予の適用申請
 ・納税猶予の適用の説明
 ・納税猶予が受けられなかった責任?
 ・生産緑地の申請
6.時間的制約
 ・相続税の申告期限と還付
 ・自用地としての評価の適当性
7.延納許可申請
 ・相続税の延納申請をするかしないか
8.未分割
 ・未分割申告後3 年経過の手続についての説明

★2017年6月発売 ★収録時間:60分