士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

輸出入・ネット取引など ここまででいい 海外取引の会計・税務 全2巻

【講師】税理士法人ファシオ・コンサルティング 
    パートナー/公認会計士・税理士 鯨岡 健太郎 氏

海外取引税務
最低限ここを知っておけばいい

国際税務は、通常の国内税務とは異なる常識、知識が求められます。
顧問先が海外取引を始めた場合や、新規顧問先が海外取引を行う企業
だった場合、どう対応すべきでしょうか?
まず知っておくべき、最低限の知識を、凝縮してまとめました。

■ どの時点のレートを使う?
■ 海外取引特有の収益認識基準
■ 海外出向で、日本法人が  負担すべき費用の範囲

<主な内容>

第1巻 総論・為替換算・輸出入
■海外取引と会計・税務(総論)
 1.海外取引の類型(インバウンドとアウトバウンド)
 2.海外取引の分類
 3.海外取引に関する会計処理
 4.海外取引に関する税務(ここまでは!)
■外貨建取引等に関する会計・税務
 1.外貨建取引等の会計処理
 2.外貨建取引等の税務上の取扱い
■海外との商品売買取引(輸出入)
 1.貿易実務の基礎知識
 2.会計・税務上の留意点

第2巻 電子商取引・ヒトをめぐる取引
■電子商取引(デジタルコンテンツ課税)
 1.デジタルコンテンツ課税(特定課税仕入れ)
 2.リバースチャージ方式
 3.登録国外事業者
■ヒトをめぐる海外取引
 1.費用負担の基本的な考え方
 2.負担させるべき費用の範囲
 3.海外出向者人件費の負担
■国際源泉課税の実務
 1.非居住者・外国法人に対する源泉徴収
 2.租税条約適用の実務

★2017年6月発売 ★収録時間:各60分