士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

書類見本付 効率的にできる 面倒な医療法人の理事長交代の諸手続き

【講師】湯沢会計事務所 代表税理士 湯澤 勝信氏

医療法人の理事長が亡くなった時…
 息子が理事・勤務医で異なる承継対応

医療法人の理事長がお亡くなりになった等の理由で、その
医療法人を医師である子に承継する場合、子が同じ医療法
人に勤めていたのか、あるいは他の大学病院などの勤務医
であった場合で、実務の対応が異なります。
 登記の変更や保健所など対応することが多く手間がかか
りますので、事前に把握しておけば効率よく対応できます。

◇慣れていないと時間がかかる!◇
都道府県や保健所、地方厚生局所轄税務署、
法務局などなど対応することが多い!!

<主な内容>

1.各ケースにおいて必要な手続きの相違点
 ケース1 理事長(父)・理事(息子)
 ケース1 理事長(父)・勤務医(息子)
2.理事の選任手続き
3.管理者( 院長) の選任手続き
4.理事長の変更手続き
5.事業承継をスムーズに行うために準備しておきたいこと

事業承継をスムーズに進めるための
事前対策もわかります!

・息子が理事か否かでも変わってくる!
・書類解説もありわかりやすい
・事前にとれる事業承継対策とは?

★2017年7月発売 ★収録時間:60分

本講師の他の商品