士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

職員さんが続けてくれる 日報と話し合いだけの残業削減

【講師】小池税理士事務所 税理士 小池 誠一郎 氏

日報と話し合いだけで
職員さんの業務時間が激減

会計事務所の原価とは、ほぼ人件費と同義です。
そのため労働時間の管理は重要ですが、日報を付けさせて業務時間を
記録させても、なかなか時間の減少に結びついていないという事務所
も、多いのではないでしょうか。
そんな先生方に、どんな事務所でも真似できる、日報だけでの時間管
理に成功した事務所の取組みをご紹介します。

■ 時間単価を基準に、顧問先別に「使える時間」を算出
■ 日報と分析と話し合いで、時間意識が劇的に改善する
■ 「少しでも理解してもらえればいい」で上手くいく
■ 話好きのお客様との相談時間まで減ってくる

<主な内容>

1.日報管理の重要性
2.作業日報の記録、集計手順
3.作成された作業日報の分析
4.作業日報を付け続けることのメリット
5.職員さんに嫌がられずに日報をつけてもらうためのテクニック
6.残業時間対策にもなる作業日報
7.今後の作業日報の活用について

【参考資料】
 ・作業日報記入例
 ・業務別工数集計表
 ・顧問先別工数集計表
 ・集計結果に添付する反省コメントの 記入例
 ・ABC分析表のサンプル

★2017年8月発売 ★収録時間:60分