士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

こうすれば裁判官に伝わる 公正証書遺言無効確認請求訴訟 主張・立証の実務

【講師】涼和綜合法律事務所 弁護士 飯田 豊浩 氏

講師が実際に使用している書式付き!

公正証書遺言が作成されていた場合、遺言無効を主張・立証することは
困難だと感じる先生方も多いと思います。

しかし、無効を認めた裁判例は実は少なくなく争う価値はあります。
そこで、実際に公正証書遺言無効確認請求訴訟を経験された飯田先生に、
裁判官に伝わる主張・立証をするためのポイントをお話いただきました。

◆原告代理人として押さえておくべき裁判例
◆医療記録・介護認定調査票…証拠の入手方法
◆鑑定、公証人の証人尋問はした方がよいのか?

<主な内容>

第1 公正証書遺言の無効原因
 1.遺言能力が欠ける場合
 2.「口授」が欠ける場合

第2 公正証書遺言無効確認請求訴訟の提起 
 1.当事者-誰を被告とするか-
 2.土地管轄-どこの裁判所に訴えを提起するか-
 3.調停前置-調停が先行しなくとも良いか-
 4.請求の趣旨
 5.手数料の算定

第3 公正証書遺言無効確認請求訴訟における主張、立証の実務 
 1.主張の実務
 2.立証の実務

【書式:調停前置しないことを求める上申書】
【書式:開示申請書】 
【書式:文書送付嘱託申立書】
【書式:鑑定申出書】
【資料:主治医意見書】
【資料:認定調査票】
【資料:主治医意見書記入の手引き】

★2017年8月発売 ★収録時間:60分