士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

顧問先剥がし 対抗するために最低限必要なM&A実務知識 3巻セット

【講師】伊藤俊一税理士事務所 代表社員 税理士 伊藤 俊一 氏

顧問先剥がしを阻止せよ!

知識がないために、顧問先を奪われた…
中小企業のM&Aの実務必須知識

「知らないがために、M&Aをきっかけに顧問先を奪われた」
という話を聞くようになりました。

中小企業でもM&Aが当たり前になった今、
顧問先の社長に相談された際にしっかりと対応できないと、
顧問先にM&Aの話を持ってきた金融機関などに奪われてしまいます。

そこで、顧問税理士として知っておくべき、
そして顧問先をしっかり守れるようになるための
中小企業のM&Aの必要最低限の知識を解説します。

<主な内容>

・M&A時の時価
・簡易DCF法
・初期段階でのバリュエーションの基準
・M&Aの評価
・第三者M&A価格の基本的な考え方
・時価純資産法における繰延税金資産・負債の取扱い
・売手の会社価値の引き上げ
・税務デューデリジェンス
・各種デューデリジェンスの定番指摘事項
・基本合意契約/最終契約の内容
・オーナーの株式譲渡に係る留意点
・税理士が価格交渉する場合は…
・税引後手取額を最大化する方法
・100%グループ内の資産の移転方法
・持株会社に関してよくある質問
・事業譲渡の留意点
・第2次納税義務会費の方法
・株式評価の個別論点
・条文不備による盲点中の盲点
・組織再編成に係る株主の課税関係
・契約書関係の実務注意点

★2017年9月発売
★収録時間:各60分

本講師の他の商品