士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

転倒事故で訴える相手を間違えた! 損害賠償請求の落とし穴

【講師】竹下法律事務所 弁護士 竹下 慎一 氏

高額の慰謝料認定も多い賠償請求実務のポイント

転倒事故による死者数は、今や交通事故による死者数を上回る状況です。
ところで、転倒事故の損害賠償請求においては、訴える相手がよく分から
ず苦労したり、あるいは、事故類型によっては訴える相手を間違えたりす
るケースもあるようです。
そこで今回は、転倒事故発生場所別の過失・瑕疵判断、被告の特定方法お
よび損害論等について詳しくお話いただきました。

◆転倒事故の類型別に具体的な責任原因が分かる
◆被告の特定に悩まず、手続がスムーズに進む
◆後遺障害慰謝料、過失相殺の実務感覚が分かる
◆転倒事故の後遺障害等級認定の仕方が分かる

<主な内容>

第1 転倒事故の概要

第2 発生場所別の過失・瑕疵判断及び被告となる者
  1 道路や公園等の公共場所
  2 区分所有物
  3 公衆が出入りする民間企業等が管理する場所

第3 過失相殺
  1 過失相殺の一般論と因果関係
  2 裁判例

第4 損害論

参考裁判例

★2017年9月発売 ★収録時間:60分