士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

税務調査は変化し続ける 重要度が増した項目 重要度が減った項目

【講師】税理士都築巌事務所 代表
    税理士・行政書士 都築 巌 氏

調査のトレンドを知れば、準備・対応も万全に

税務調査は、本来的には「法律」に基づいた税務処理がなされてい
るかを確認する調査なので、その点において常に一定のはずです。
 しかしながら、税務署側のリソースの都合や時代の潮流により、
調査項目ごとの重要度は時代の流れにより増大したり、減少したり
しているというのが実際のところです。

調査立会い経験豊富な都築巌先生に「今」の税務調査の
「よく見られるところ」「見られなくなってきたところ」を
お話しいただきました。

-ここでしか聴けない!-
税務調査においては人材や時間的な制限から
調査官の注目度に「濃淡」ができます。
会計事務所としては全項目をしっかりチェック
することが前提ですが、調査のトレンドを知る
ことで調査対応もより万全のものになります。

<主な内容>

1.最近調査が多い業種
2.最近のあまり指摘されなくなったもの
3.最近の調査で特に指摘が多い項目、
  以前よりも指摘が多くなった項目

★2017年12月発売 ★収録時間:60分

本講師の他の商品