士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

とにかく早く開設できる 分院開設5手法のメリット・デメリット

【講師】湯沢会計事務所 代表税理士 湯澤 勝信 氏

分院開設
医師はとにかく早く開設したい

分院開設をする医師が増えているそうです。
正攻法としては、医療法人で分院開設の申請を行うのが通常ですが、
それでは行政機関の手続きに時間がかかり、家賃等の無駄な負担がか
さむこともあります。
そこで、迅速に行うことが可能なものも含め、分院開設を実現するた
めの全手法の、メリット・デメリット等を解説しました。

○ 正攻法で分院開設をする場合の手続迅速化法
○ 開設方法5パターンのメリット・デメリット
○ 医療法人経営・個人経営の場合のおススメ手法
○ とにかく早く開設したい場合に使うべき手法

<主な内容>

1.医療法人で分院開設をする医師が税理士に求めること 
  1.早く開設したい
  2.早く開設するための対策

2.各種分院開設の方法と、それぞれのメリット・デメリット
  1.医療法人の分院として開設
  2.本院とは別の医療法人で開設
  3.本院の理事長が個人医院として開設
  4.他の医師の名義を借りて管理者になってもらい実質的には
    自分が経営(名義借)
  5.一般社団法人を設立して開設

3.オススメの分院開設手法
  1.医療法人経営の場合
  2.個人経営の場合

4.トラブルリスクのある手法で開設してしまっている場合

★2017年12月発売 ★収録時間:60分

本講師の他の商品