士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

業種独特の処理にも迷わない IT・ソフトウェア業の税務会計全網羅 2巻セット

【講師】アヴァンセコンサルティング(株) 代表取締役
    公認会計士・税理士 野村昌弘 氏

ソフトウェア業の税務・会計処理 120分マスター

IT・ソフトウェア業は、少人数で場所を選ばず起業でき
ることから、今後は都市圏だけでなくさまざまな場所の先
生方のお客さまとなり得る業種です。
しかしながら、この業種は「業界の特殊な慣行が多い」、
「税務と会計の処理に一部ずれがある」、「開発の目的ご
とに処理が違う」ことから、常にどのような処理をすべき
かの判定が求められる複雑な実務を伴います。
そこで実務ポイントを120分で網羅いたしました。
それでいて簡潔明瞭にすべきことを解説しておりますので、
初めての顧問業務でも迷わず対応できます。

<主な内容>

1.IT・ソフトウェア業の特徴
 (1)IT・ソフトウェア業における特徴
2.ソフトウェアの定義と範囲
 (1)ソフトウェアの定義と範囲
3.実務上の留意点、制作原価の集計範囲
 (1)実務上の留意点
 (2)制作原価の集計範囲
4.ソフトウェアの取得原価に関する会計・税務
 (1)ソフトウェアの制作目的と会計処理
 (2)受注制作のソフトウェアの取扱い
 (3)市場販売目的のソフトウェアの取扱い
 (4)自社利用目的のソフトウェアの取扱い
 (5)ソフトウェアの取得原価に関する税務処理
5.ソフトウェアの減価償却に関する会計・税務
 (1)ソフトウェアの減価償却方法
 (2)市場販売目的のソフトウェアの減価償却方法
 (3)自社利用目的のソフトウェアの減価償却方法
 (4)ソフトウェアの減価償却に関する税務処理
6.ソフトウェアにおける研究開発費(試験研究費) 
  に関する会計・税務
 (1)会計上の研究開発費の取扱い
 (2)税務上の試験研究費の取扱い
7.ソフトウェア取引の収益に関する会計・税務
 (1)ソフトウェア取引の収益認識に関する論点
 (2)受注制作のソフトウェア(工事進行基準)
 (3)収益に関する税務処理
8.ソフトウェアの除却に関する会計・税務
 (1)ソフトウェアの除却処理

★2017年12月発売 ★収録時間:各60分