士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

医療機関に伝えたい 訴訟回避のための法務アドバイス

【講師】仁邦法律事務所 弁護士 桑原 博道 氏

医療訴訟で裁判所が重視している記録は何か?

医療訴訟は、医療機関側の勝訴あるいは和解で終わることが多いです。
しかし実際、医療機関は訴訟になる前の段階で終わることをより望んで
います。
そこで、裁判例を題材に、医療訴訟を回避するためのポイントを、経験
豊富な桑原先生に解説していただきました。

■電子カルテで注意したい記録の仕方
■診療ガイドラインの裁判での扱い 
■医療機関の感染対策のポイント
■医療事故調査報告書の証拠価値

<主な内容>

1.はじめに ~医療訴訟を回避する意義~
2.説明義務(インフォームド・コンセント)について
 (1)説明義務の項目について
 (2)裁判例からみた法務アドバイス
3.診療ガイドラインについて 
 (1)医療訴訟のデータについて
 (2)裁判例からみた法務アドバイス
4.感染予防や感染後の対応について
 (1)医療訴訟のデータについて
 (2)裁判例からみたアドバイス
5.医療事故調査について
 (1)医療事故調査制度について
 (2)裁判例からみたアドバイス
6.さいごに

★2018年1月発売 ★収録時間:60分