士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

仮想通貨トラブルへの法務対応

【講師】弁護士法人みずほ中央法律事務所 弁護士 三平 聡史 氏

コインチェック事件対応など
仮想通貨トラブルの法務・税務

★ダウンロード版・ストリーミング版:2月8日(木)より緊急発売配信開始
★CD・DVD 版は3月1日(木)より発売開始

コインチェック事件を題材に、仮想通貨トラブルへの法務対応や
今後問題になる論点について、三平先生に分かりやすく解説して
いただきました。
本講演の内容は、2018年2月6日時点のものであり、その後、
法令や解釈等が変更となる可能性があります。

■コインチェック事件で被害者のサポートとして
 今、預けた資産の返還請求をする必要があるか?
■仮想通貨交換業者・犯人・盗難コインをもらった者
 ユーザー それぞれの法的問題
■破産手続となった場合の最大の留意点 キーワードは「信託」
■雑所得とされることで生じる2つの懸念点
■被相続人の暗証番号が出てこない場合、相続財産として扱われるか

<主な内容>

1.仮想通貨の法的扱い
(1)基本的な位置づけ  
(2)従来の概念との違い
(3)法規制  
(4)課税
2.コインチェック(CC)の現状
3.CC事件の法的問題(ユーザー以外)
(1)仮想通貨交換業者  
(2)犯人
(3)盗難コインをもらった者
(4)盗難コインに関するその他の問題
4.CC事件の法的問題(ユーザー)
(1)コインチェックへの請求(一般)
(2)コインチェックへの請求(破産手続)
5.ICO(イニシャル・コイン・オファリング)
6.課税 
7.その他
8.弁護士のサービス

★2018年3月発売 ★収録時間:60分