士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

争族・報酬トラブル・未分割を封じる 遺産分割協議書 作成網羅マニュアル

完全受注生産 予約締切:2017年5月30日  発送:6月12日(予定)

著:竹内行政書士事務所 行政書士 竹内 豊氏

いきなりの相続依頼でもスムーズに進む
遺産分割協議書の作成網羅

「遺産分割協議書」の作成は、相続業務のキモとなりますが、
段取りが意外と面倒で、かつ実務経験が必要な部分です。
慣れていない方でも漏れなく、お客さまとスムーズにやり取りできるよう、
実務ノウハウが詰まっています。

豊富な資料と実務上の想定ケースを幅広くカバー
トラブルなく円滑に遺産分割協議が進む!

〇相談から受任までのコツ
 ⇒説明方法、見積書作成、依頼方法
〇「遺産分割協議」の相続人トラブル対処法
 ⇒相続人の確定、行方不明、遺産の把握、もめやすい家族
〇「遺産分割協議書」作成上のケース別対策
 ⇒全員の署名・押印収集のコツ、資料収集のコツ
〇下記資料に関してツールが附属
 ⇒そのまま相続人の方に提示する資料として利用できる
  (※印は紙資料のみ)

<付属データ一覧>
【資料1】相続人確定の注意点
【資料2】聴き取り項目チェックシート
【資料3】財産目録の事例
【資料4】相続関係説明図
【資料5】遺産分割協議書
【資料6】相続手続に必要な書類について(銀行)  ※
【資料7】納品書(業務完了報告書)
【資料8】在留証明願
【資料9】日本国総領事館の証明書  ※
【資料10】重要条文 ※

<内容>
Ⅰ 民法の知識を確認する
1. 相続
2. 遺産分割
 (1)遺産分割とは何か(遺産分割の意義・基準)
 (2)遺産分割自由の原則  (3)遺産分割の当事者
 (4)遺産分割の対象財産  (5)遺産分割の方法
 (6)遺産分割の時期  (7)遺産分割の流れ
 (8)遺産分割の方法  (9)遺産分割協議の成立が困難になるケース
 (10)遺産分割協議を上手にまとめる秘訣
3. 遺言
 (1)遺言とは何か  (2)遺言能力  (3)遺言事項
 (4)遺言の方式  (5)共同遺言の禁止  (6)遺言撤回の自由
 (7)遺留分制度  (8)遺言執行

Ⅱ 遺産分割協議書作成業務の流れを俯瞰する
1. 遺産分割協議書作成のロードマップ
2. 遺産分割協議書作成の各手順~面談から業務完了まで
 (1)面談
  ①説明  ②聴き取り  ③報酬の説明
  ④受任する  ⑤提出書類の指示
 (2)基礎調査
  ①相続人調査(相続人を確定させる)
  ②財産調査(相続財産を確定させる)
  ③遺言の有無の調査(「遺言登録システム」の活用)
 (3)遺産分割協議書の作成
  ①財産目録の作成  ②相続関係説明図の作成
  ③遺産分割協議書(文案)の作成
  ④調査報告・遺産分割協議書(文案)の説明
  ⑤相続人で協議(合意)  ⑥遺産分割協議書の作成
  ⑦遺産分割協議書の完成
 (4)銀行の相続手続
  ①預金者(被相続人)の死亡を通知する
  ②相続手続に必要な書類をそろえる(「相続届」等)
  ③銀行に②の書類を提出する
  ④指定口座に払戻し(または名義変更)される
 (5)業務完了
  ①報酬の支払い(経費の精算)  ②書類の納品

Ⅲ 落し穴と対応・対策
1. 相続人に関する落し穴
 (1)認知症等で精神上の障害により判断能力が衰えた者
 (2)未成年者  (3)行方不明者
 (4)外国に在住している者  (5)印鑑登録していない者
2. 書類作成の落し穴
 (1)遺産分割協議書が持ち回りの最中に紛失してしまった
 (2)署名・押印の漏れがあった
 (3)金融機関から遺産分割協議書の訂正を求められた
3. 依頼者の対応の落し穴
 (1)相続人調査をしたら、想定外の事実が判明した(見知らぬ相続人の出現など)
 (2)依頼者が指示した資料をなかなか提出してくれない
 (3)依頼者から「仕事が遅い」「段取りが悪い」とクレームをつけられてしまった
 (4)着手したら見積で提示した費用では見合わない内容
4.「業際」の落し穴
 (1)相続人同士が揉め出した
 (2)一度も会ったことがない相続人がいる
5. 遺産分割後の落し穴
 (1)相続人を見落としていた
 (2)協議成立後に遺言書が出てきた
 (3)協議成立後に遺産が出てきた
 (4)代償金が支払われない
 (5)銀行から「普通預金の名義変更には応じられない」と言われてしまった
6. その他の落し穴
 (1)相続人が帰化していた

Ⅳ 実例集
1. 相続人の中に認知症(成年被後見人)の者がいたケース
 (1)概要  (2)落し穴  (3)落し穴の対応・対策
 (4)資料
  ①相続関係説明図
  ②連絡票(後見センターに提出)
  ③特別代理人選任申立書に係る書類
   イ)特別代理人選任申立書
   ロ)特別代理人選任申立書添付書類一覧
  ④遺産分割協議書
2. 相続人の中に海外在住者がいたケース
 (1)概要  (2)落し穴  (3)落し穴の対応・対策
 (4)資料
  ①相続関係説明図  ②依頼書
  ③遺産分割協議書 イ)妻 ロ)長女 ハ)二女
3. 遺産分割を代償分割の方法で行ったケース
 (1)概要  (2)落し穴  (3)落し穴の対応・対策
 (4)資料
  ①相続関係説明図  ②遺産分割協議書