士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

(仮)信託 お客様&税理士からの質問回答集

完全受注生産 予約受付開始 締切:2017年11月10日 発送:11月27日(予定)

【著者】公認会計士・税理士・行政書士 池田 幸弘 氏 
 税理士 菅野 真美 氏

お客様からよくある質問への回答例と
税理士として気になる疑問のQ&A

<本書の特徴>
〇数多くの信託案件受注経験を持つ税理士と、
 専門家からの相談を数多く受ける信託のオーソリティが解説
〇お客様への相談対応法も、税理士が実際に実務を行う際の
 疑問の解決も、この一冊でフォローできる
〇信託の受任できる体制を作りたい事務所におススメ

●信託を受任できる体制づくりの一助に
・お客様に安心してもらえる質問への回答例
・受託者を誰にすべきか?法知識がなくてもいい?
・信託の税務上の問題点の確認方法

信託はもはや、一般人にも徐々に相続対策として浸透していっているようです。
会計事務所としても、信託の相談を受けられる体制を作りたいところですが、
実務をやったことがないと不安も大きいかと思います。
そこで、信託を実際に数多く受注する税理士の相談対応例と、税理士からの
相談を数多く受ける税理士に寄せられた質問&回答を、一冊にまとめました。

<主な内容(予定)>

第1章 お客様からよく寄せられる質問への回答集
 Q1 信託で相続対策を行うべきケースはどのようなケースですか?
 Q2 信託を組み、実行していく過程はどのようなものになりますか?
                                  など
第2章 税理士からよく寄せられる質問への回答集
 Q1 税理士が信託を勧める際に注意すべきリスクはどのようなものですか?
 Q2 成年後見制度の代替として信託を利用した場合の問題点等があれば教え
    てください。
 Q3 実際に信託を実行することになった場合の、実務手順を教えてください
 Q4 受託者を誰にすべきでしょうか。受託者が信託法等の知識がない場合は
    どうすればいいのでしょうか。また受託者が信託財産を使い込まないよ
    うにするためにはどうすればいいのでしょうか。
 Q5 受託者に報酬を支払った場合、信託業法の問題があると聞いたことがあ
    りますがどのように考えればいいのでしょうか。
 Q6 信託に条項を盛り込む場合の留意点を教えてください。
 Q7 信託契約書について税務上の問題点がないかのチェックを他士業の方か
    ら依頼されました。チェック項目のポイントを教えてください。
 Q8 信託名義の口座開設ができる銀行が少ないなどと聞きますが、信託を組
    成する上での実務上の注意点を教えてください。
 Q9 信託借入を認める銀行はさらに少ないそうですが、組成上の注意点は?
                                  など
(※ 内容は一部変更することがありますのでご了承ください) 

<お申込用紙>

ダウンロード