士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

知らないと怖い!『相続税土地評価』実務指南書 ver5

完全受注生産 予約受付開始 締切:2018年1月12日 発送:1月26日(予定)

総合監修:下崎寛税理士事務所 株式会社新都心アプレイザル
      税理士・不動産鑑定士 下崎 寛 氏

約90 の土地評価ミス事例を
図面と関係資料で確認できる。

総ページ数 560 ページ超 土地の実務指南書事典

なぜ間違ったのか? ミスの原因を確認。
その上で、正しい評価方法を確認しつつ、評価のポイントや
考え方が理解できます。
さらに、通達や裁決など評価の根拠となる資料などを掲載、
なかには既に確認できない貴重な資料も含まれます。

初めて土地の評価をする職員には、何から取り掛かればいいのか、
事前準備と評価の仕方と一から分かり易く解説。
実務を行う上で、具体的に確認したい職員や先生には、出くわす頻度
や難易度ごとに、土地の種類を分類。知りたい事例だけを実際の事例
と図ですぐに確認できる。

<主な内容>

Ⅰ章 土地評価のための基礎知識
 1. 土地評価の事前準備
  1-1 土地評価の基本的考え方
  1-2 土地の評価に必要な資料の集め方
  1-3 土地の評価に必要な資料の見方
  1-4 土地調査のポイント
 2. 地目・地積・利用状況の判定
  2-1 地目の判定
  2-2 地積の判定
  2-3 利用状況の判定
 3. 評価単位の判定
  3-1 基本的な考え方
 4. 評価方式
  4-1 2 つの評価方式
  4-2 評価方式判定のためのフローチャート
 5. 土地評価で知らなければならない関連法規
  5-1 宅地建物取引業法に関するポイント( 評価減のチェック)
  5-2 不動産登記法( 対象不動産の確定)     
  5-3 借地借家法に関するポイント( 権利のチェック)    
  5-4 都市計画法
  5-5 建築基準法

Ⅱ章 基本的な土地の評価
 1. 路線価図の基本的な見方
 2. 路線価地域の土地の基本的な評価方法
 3. 土地の評価単位
 4. 宅地の評価単位
 5. 不整形地の評価
 6. 倍率表の基本的な見方
 7. 倍率地域の土地の基本的な評価方法

Ⅲ章 よくある土地評の評価
 1. 貸家建付地の評価
 2. 利用価値の著しく低下している土地
  2- 1 高低差のある土地
  2- 2 鉄道に近接している土地
  2- 3 マンションに隣接する雑種地
3. 無道路地の評価
 4. がけ地 
 5. 私道
 6. セットバック   
 7. 都市計画道道路予定地の区域内にある宅地
 8. 容積率の異なる2 以上の地域にわたる宅地
 9. 市街地農地、生産緑地
 10. 市街地山林    
 11. 庭園  
 12. 小規模宅地等の評価減の特例 

Ⅳ章 まれな土地の評価
 1. 広大地評価  
 2. 土地区画整理事業   
 3. 造成中の宅地
 4. 売買契約中の土地    
 5. 昔は川で今は埋立て使用している官有地   
 6. 赤道が含まれている土地
 7. 使用貸借に係る土地の評価
 8. 宅地等の賃貸借があった場合
 9. 相当の地代の収受と無償返還の届出 
 10. 市街化調整区域の土地
 11. 用途境の土地
 12. 下水道施設がない道路
 13. 共有地
 14. 水路を介する場合
 15. 定期借地権
 16. 鑑定を依頼する場合
 17. ゴルフ場の底地の評価
 18. 狭小地の評価
 19. 一団地の評価
 20. 借地権以外の地上権、賃借権の評価
 21. 農業用施設用地の評価

旧版(Ver4)のご購入者には、
印刷物のみの増補版(税別30,000 円) で販売いたします。

お申込み用紙

ダウンロード