家族信託と遺留分対策

家族信託と遺留分対策

レガシィ編集部員が見聞きした、司法書士・司法書士事務所にまつわるニュースをお知らせしていくのが「司法書士業界ニュース」。新しい法制度の話題はもちろんのこと、業界に関連する社会・経営・経済の話題や、講師の先生からお聞きした話など、さまざまなニュースをお届けしていく予定です。

受益者連続型信託契約の一部が違法であるとして信託行為が取り消される (東京地裁平成30年9月12日判決)

 信託を利用した相続スキームのうち、後継ぎ遺贈型受益者連続型信託を用いた相続対策で、遺留分制度を潜脱する部分を無効とする判決がでました(東京地裁平成30年9月12日判決)。
 父の生前に、父のすべての不動産に対し、受託者である二男に4/6、長男、二女に1/6ずつの受益権を設定した信託契約がなされました。形式的には遺留分相当の受益権が付与されたことになりますが、長男は遺留分を侵害されたと主張。
 長男の訴えに対し、東京地裁は、経済的利益の分配が想定されない父の居宅やその他不動産を信託財産とした部分について、遺留分制度を潜脱する意図で信託制度を利用したもので無効であると判断しました。ただし、長男が経済的利益を享受できる賃貸物件等を信託財産とした部分については有効と判断しています。
 信託を用い、財産の所有権と受益権を分離し、受益権のみを遺留分に相当する部分だけわたすという相続対策スキームは、従来より民事信託の活用法の一つとして紹介されることもあった方法です。
 今回の判決のように、契約内容によっては、対策が無効となるリスクがあります。この信託契約書は司法書士が組成したそうですが、やはり、家族信託の正しい理解と活用が重要であることを再認識させられる判決です。

※下記リンクは参考商品の1つとなります。

商品はこちら