士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

協議段階で話し合いがまとまる! 元家裁調査官が明かす 面会交流の具体的提案

【講師】元家庭裁判所調査官 小泉 道子 氏

面会交流の提案の引き出しが増えます!

離婚協議が前に進まない原因として、面会交流の条件をめぐる対立があります。

しかし、代理人の弁護士先生が面会交流の提案の引き出しを多くもっていれば、
話し合いが早期にまとまる可能性は高まります。

そこで、数々の現場を見てきた元家庭裁判所調査官の小泉氏に、同居親・別居親
それぞれから依頼された場合に聞き出すべきこと、面会交流の具体的提案内容と
いった離婚協議を成功に導くコツをお話いただきました。

<主な内容>

■年代別 具体的な面会交流の内容例(児童館、習い事の送迎など)
■別居親から、これまでの親子関係を聞くポイントは「回数」
■手紙だけではない! 依頼者の満足度の高い間接的面会交流案
■面会交流の協議・実施を円滑に行うための工夫
■面会交流がキャンセルになった場合の取り決め

★2017年8月発売 ★収録時間:60分