士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

公益法人等担当者養成講座 その5 法務・運営編

【講師】公認会計士・税理士 都井 清史氏

公益法人等担当者養成講座 Vol.5
公益法人等の法務・運営編講座

認定される法人だけに法務は大切

税理士の先生は会計・税務だけでなく、法人の運営に係る機会も
あるかと思います。
株式会社等とは異なる部分があるため、要点を知っておくと間違
いを防げます。

■ 理事会を設置すべきか? しないのか?
■ 理事に就任することになったら気を付けること

<主な内容>

1.機関設計
 (1)社員総会 (2)評議員及び評議員会 
(3)理事及び理事会  (4)代表理事 (5)監事
 (6)会計監査人

2.公益社団法人の社員資格の要件
 (1)社員資格の制限 (2)社員資格要件の可否の判断基準

3.社員総会、理事会、評議員会の開催
 (1)社員総会 (2)理事会 (3)評議員会

4.財団法人の評議員
 (1)評議員の地位 (2)法人の評議員の選任及び解任方法

5.理事に就任する際の留意点
 (1)理事の一般的な義務 (2)理事の競業避止義務
 (3)理事の利益相反取引 (4)理事の報告義務

6.外部役員等の意義と外部役員との責任限定契約
  (一般法第115 条)
 (1)外部役員の意義と範囲 
 (2)外部役員等との責任限定契約
 (3)免除の要件
 (4)一般法115 条(責任限定契約)と一般法112 条
   (一般社団法人に対する損害賠償責任の免除)との関係
   (財団法人の場合は一般法198 条により準用)

★2017年9月発売 ★収録時間:60分

本講師の他の商品