士業・専門家のための
実務サポートならレガシィ@クラウド
相続専門のレガシィが
実務に役立つ情報をお届けします
MENU

お問い合わせ・資料請求

  • お電話(平日9:00~17:30)
    0120-00-8377
  • メール

商品詳細

実務の不安を解消する
士業・専門家のための情報提供3本の矢と課題解決7つ道具

指摘されても最小限で収める 調査官の年代別対応術

【講師】税理士都築巌事務所 代表 税理士・行政書士
    都築 巌 氏

若手(20 代)、
中堅(30 ~ 40 代)、
ベテラン(50 ~ 60 代)、
年代別 調査官との交渉術

調査官と一口に言っても、入署間もない若手から、企業のさまざまな
実態を知り尽くしたベテランまで、いろいろなタイプの調査官がいて、
それぞれに特徴があります。
 例えば、若手調査官は、知識が少ないという意味では気楽なものの、
突然、細かい部分で「重加算税!」と言い出すことも…。
 調査対応をさらにワンランク向上させる、調査官のタイプ別の対処
法を解説します。

些末なことで突然「重加算税!」と言い出すような若手調査官には、
どのように対処するのがベストなのか…?

<主な内容>

0 はじめに
1 若手調査官の特徴と対策
2 中堅調査官の調査対策
3 ベテラン調査官の調査対策
4 二人組職員による調査
5 最後に

◇ここがポイント◇
・経験値や税務署内の立場の違いで見えてくる、調査の仕方の特徴
・優秀な調査官の見抜き方と対処法
・ベテランと若手の二人組が来た際、思い通りの結論にしやすい対応法

★2017年7月発売 ★収録時間:60分

本講師の他の商品